FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

夫婦の撮影のはずが思わぬ展開へ

BANA-KURO.jpg

妻に約束して数日が経ちました。

いつ切り出そうかと迷っていましたが、こういうことは間をあけると駄目になってしまいそうなので

なるべく早くに決行しようと考えました。

しかし、なかなか夫婦でこういうことをしようとしても、言い出しにくいしきっかけがありません。

思い切って写真のうまい方に、誰かに撮って貰うほうがいいのではないかと思いました。

私『この前の話だけどさぁ』

妻『何?』

私『写真の話』

妻『え?マジ?本気で撮るつもりなの?』

私『うん』

妻『うーん、あの時はそう言ったけど、本当にやるの?』

私『勿論』

妻『でもさぁ、二人で今更ラブホなんておかしくない?それに勿体無いし』

私『でも、マンネリの夫婦はそうやって環境変えるらしいし、家族環境が悪いところは、良く行くらしいよ。』

妻『うちはマンネリじゃないし、二人暮らしだしさぁ』

しぶる妻に、駄目もとで思い切って言って見ました。

私『でも、確かに夫婦で行くのもなんだかと思うから、写真は上手な人に撮ってもらおうか?』

妻『えーーーーーーーー』

悲鳴に近いような声をあげて、明らかに、否定の態度をしめしました。

私『どうせ撮るならさぁ、やはり、綺麗に撮って欲しいじゃん。』

妻『そりゃそうだけど・・・』

私『知り合いに、ものすごくポートレートが上手な人が居るから、その人に頼むよ』

妻『無理無理、絶対無理』

ここで引き下がるわけには行きません。

私『わかった、じゃさ、まるっきりヌードでなくてもいいからさ。綺麗なうちにうまい人に写真撮ってもらおうよ。』

妻『じゃ、脱がなくてもいいの』

私『そんなに脱ぎたくないなら、脱がなくてもいいけど』

『たださ、せっかくだし、体の線が崩れないうちに、それとわかるような写真にしようよ。』

妻『うーん、それなら別に頼まなくてもいいと思うけど・・・・。』

私『綺麗なうちに撮っておけば、必ず、あとからいい思い出になるからさぁ』

妻『・・・・・・』

考え込んでいますが、ここが押し時と思い

私『もう、カメラマンは探しているからさ』

妻『・・・・・』

私『とりあえず、体調を見て日程決めるね』

妻『う・・・・うん』

なんとか丸め込みましたが、勿論、カメラマンの当てはありません。

もしかしたら、願望である寝取られまでいけるかも知れません。

この日から、早速、写真を撮ってくれる人を探しはじめました。






刺激的な出会いをサポートしています。
匿メールで連絡が取れます。
DSC05903.jpg
Date: 2012.07.19 Category: 寝取られ  Comments (0) Trackbacks (1)

初の撮影の顛末は・・

BANA-KURO.jpg

しばらくすると、寝室からОL風の服に着替えて出てきました。

すこしづつシャッターを切って行ったのですが、やはり、日常生活の中では雰囲気がでません・・・。

家内も同様の雰囲気を悟ったらしく

妻『頼んで撮ってる割にはノリが悪くない?』

私『そんなことないよ~、いつもより綺麗だよ』

妻『そっかなぁ~、いつもいやらしい顔になってないよ?』

ぎくっ・・・・・

待たされたせいもあり、若干醒めた感は否めないところです。

妻『これじゃ、私が恥ずかしいだけジャン』

私『恥ずかしいのが燃えるんじゃない?案外濡れてたりして』

妻『ばーか、本当に恥ずかしいだけで、そんな雰囲気にならない』

私『そっかぁ~、まぁ、それでもいいから続けようよ』

言い出した手前、簡単には引き下がれません

ただ、お互いにテンションは下がってしまい、うまくいきません。

妻『もう、やめてもいい?』

私『そうだなぁ、あまりノラないのなら、今日は辞めようかぁ』

妻『うん』

といったやり取りでお開きになりました。

しかし、ここで簡単に諦めてしまえば、後が続かないと思い。

私『今度、場所を変えてさぁ、綺麗に撮れるところで、もう一回だけチャレンジさせて』

妻『綺麗に撮れるところってどこよ?』

私『まぁ、雰囲気があるとすれば、ラブホかなぁ』

妻『ばっかじゃない』と笑われてしまいました。

そこで引き下がると、次はないかと思い、おいしいものでも食べた後に、一度寄って見ようと提案したところ

おいしいものに釣られたのか、しぶしぶ了承してくれました。

ラブホなら、家内もはじめから撮影のつもりで行くでしょうから、うまく行きそうです。






刺激的な出会いをサポートしています。
匿メールで連絡が取れます。
DSC05903.jpg
Date: 2012.07.14 Category: 寝取られ  Comments (2) Trackbacks (0)

撮影開始

いつもなら簡単に引き下がる私ですが、この日は粘りました。

妻『今日はしつこいよね』

私『どうしても撮りたいんだよね。』

妻『撮ってどうするのよ』

私『どうもしないよ、ただ眺めるだけw』

妻『じゃさ、絶対に誰にも見せないでね』

私『わかってるよ』

とはいったものの、いきなり、ヌードを撮れるものでもありません。

雰囲気と言うかきっかけが欲しいものですが、いざとなるとどうしたらいいのかわかりません。

でも、この場を逃すと次がないようような気がして、急いでデジカメをもってきます。

私『とりあえず、服をきたままでいいよ』

シャッターを押します。

妻『どうしたらいいのよ?』

私『すこし、前かがみになってごらん』

胸元のから見える、妻のふくらみにピントを合わせます。

妻『この体勢、もうきついよ』

私『じゃ、てをついて四つん這いになってごらん』

妻『・・・・』

私『そうそう、もう少しお尻をつきあげてみてよ』

ジーンズを履いてたままでは、やはり色気がありません。

私『すこしタイトなスカートに着替えてきてよ』

妻『えーーーー、しょうがないなぁ』

そういいながら、寝室へ着替えに行きました。



刺激的な出会いをサポートしています。
匿メールで連絡が取れます。
DSC05903.jpg
Date: 2012.07.10 Category: 寝取られ  Comments (4) Trackbacks (0)

微妙な妻の変化

家内の機嫌の良さそうな日に、思い切って写真の件を話してみました。

私『あのさ・・・写真撮らせてくれない?』

妻『へ?何の写真?』

私『その・・・少しセクシーな写真』

妻『ばっかじゃない?』

私『なにが、馬鹿なんだよ』

妻『別に見れるんだから、実物みればいいじゃん』
 『わざわざ、写真に撮ることもないでしょ?』

私『だんだん年もとってくるからさぁ、綺麗なうちに残しておくといいんじゃない?』

妻『そんなのいらないよ』

と言いながらも、『綺麗なうちに・・』の言葉が、家内の心象を良くした様で、言葉尻は柔らかくなりました。

私『いい思い出になると思うよ』

妻『えー、でもさぁ、誰かに見られたりしたら、私、表をあるけなくなっちゃう』

私『デジカメだから、漏れる事ないから大丈夫だよ』

妻『うーん』

私『撮ろうよ~。』

妻『むー』と考えている風ですが、まんざらでもなくなったようです。

妻『でも、今は結婚してから最高体重だから、もう少し待って・・・』

完全否定から、そうでもなくなってきました。

普段なら、おとなしく引き下がるのですが、この日は押し時だと感じて粘ってみました。



刺激的な出会いをサポートしています。
匿メールで連絡が取れます。
DSC05903.jpg
Date: 2012.07.08 Category: 寝取られ  Comments (2) Trackbacks (0)

思いつき

とにかく日が進むにつれて妄想は大きく膨らみます。

妻が、たくましく若い男性に組み敷かれて喘いでいる状況が、鮮明に頭に浮かぶようになりました。

満員電車で、身動き取れない状況で触られたり、映画館で隣の男性に触られたりと・・・。

最初は抵抗していた妻も、快感に身を任せるような状況が、一番の興奮材料です。

しかし、妻には否定されています。

普通であれば、ここで諦めて、ビデオだけの世界で満足していくのかもしれませんが、私には我慢できません。

色々なサイトを見ると、バイブ等を使い擬似3Pをしながら、隠語を話させるといった具合で、奥様の調教をしていくようですが、実際には照れ臭くて出来ません。

思いだけ募るばかりなので、先ずは、写真を他人に見て貰ったら興奮しないかと思いつきました。

写真を撮られることに、家内が了承するかどうかもわかりませんが、とりあえずは、思い切って話をして見ることにしました。




刺激的な出会いをサポートしています。
匿メールで連絡が取れます。
DSC05903.jpg


Date: 2012.07.05 Category: 寝取られ  Comments (2) Trackbacks (0)
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
完全無料です
是非ご利用ください。
bana-yoko.jpg
匿名メール機能で、コンタクトできるのがいいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。